格安パワーポイント互換ソフト「キングソフト WPS Office Presentation」の実力は?

Microsoft Office互換であるキングソフト製WPS Officeを使ってみました。

以前はKINGSOFT Office 2016として販売されていたものです。

Word互換ソフト、Excel互換ソフト、PowerPoint互換ソフトの3つが入って6,680円(税込)です。安いですね。

学生さんや、自宅用として使う人が多いようです。

Microsoft Officeの中にパワーポイントがあるように、WPS Officeの中にはPresentationというパワーポイント互換ソフトが入っています。

このソフト、実は10年近く前に使ったことがあったのですが、当時から互換性が高く、さらにインターフェースもほとんどMicrosoft Officeと同様という「安いパワーポイント」として使うには最高のソフトでした。

10年ぶりに開いてみると・・・

ほとんどパワーポイントと変わりませんね。

スライドマスタを表示させてみました。これはフォントの設定。

そしてこちらは色の設定です。

ここまで来ても、パワーポイントとの差はほとんどありません。

試しに図形を配置して、「図形の効果」で影を付けてみます。

少しぼかしたのが上の画像です。

ここまで、パワーポイントの知識だけで操作しています。

さらに少々凝ったことをしてみました。

円を配置し、影を付けます。

さらに白い円を配置しグラデーションで外側を透過。

ハイライトっぽくしてみました。

普段パワーポイントで作業していますが、見た目上はパワーポイントとまったく同じように表示されているのではないかと思います。

これは文字の効果。

反射と光彩を使っています。

ここまで来ても、パワーポイントとの違いを感じることはありませんでした。

本当にそうなのか確かめたかったので、いったん保存。

それをパワーポイントで開いて見比べて見ようと思います。

こちらは本家パワーポイントの画面。

まったく同じようにスライドが表示されていますね。

パワーポイントを使いたいけど高いお金は出したくない、学生なのであまり出せないという人には「ほぼパワーポイント」なソフトとして、とても良いものだと思います。

■KINGSOFT:WPS Office

https://www.kingsoft.jp/office/

特集記事
最新記事