すごく簡単!!パワーポイントを動画ファイルにする方法


パワーポイントファイルを動画ファイルにするというのは昔は大変でした。

パソコンでスライドショーを開始し、業務用ビデオデッキに映像出力して録画していました。

今では動画ファイルにする機能がパワーポイントに備わっています。

簡単ですね。

「ファイル」タブから「エクスポート」>「ビデオの作成」を選択します。

この時、音声ファイルの挿入や画面切り替えのタイミングが設定済みであれば「記録されたナレーションとタイミングを使用する」を選びましょう。

「ビデオの作成」を押します。

出力する動画ファイルはMP4とWMVから選べます。

ただし、音声やBGMのついている場合は、MP4ではなくWMVにした方がいいでしょう。

MP4で出力すると音声にノイズが入ることがあります。

時間尺の短いパワーポイントファイルであればノイズが入らない場合もありますが、時間尺が長ければ長いほどノイズの入る確率が高くなります。

一瞬音声が途切れたように聞こえるといった質問を頂くことがありますが、WMVにすることで大抵は解決します。

どうしてもMP4の動画ファイルが必要な場合は、若干画質が劣化しますが、WAVで出力後に他のソフトウェアを使用してMP4に変換するといいでしょう。

オススメのソフトウェアは「Any Video Converter フリー」です。

無料のソフトながら様々な動画形式に対応しています。

有料版も存在しますが、単純に変換するだけであればフリー版で問題ありません。

プレゼンに使用するパソコンが事前に特定できない場合(パワーポイントが入っていない??)は、事前に動画ファイルに出力しておくと安心です。

特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
RSS Feed

パワーポイントスライド - eラーニングコンテンツ - 営業用プレゼン資料 - 製品マニュアル - 展示会スライド - 社内外教育ツール - 株主総会スライド - 会社説明会スライド

© 2017 ビヨンドテック